スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
料理 
生まれてこの方28年間、片手で数えて指が余る程度にしか料理をしたことがなかった私です。(調理実習含む)

最近お料理をやり始めたんだけど、やってみて気づいたのは母の言葉の記憶。
料理興味ない・むしろ食べること自体興味ない・だから食べること=作業、な私にとって、母との会話の端々に出てくる料理関係のワードはすべて右から左へさようならだったんだけど。
やり始めてみたら出てくるわ出てくるわ、記憶にとどめたつもりのなかった料理・栄養の知識。
これってもしや刷り込み?w
いやいや、料理上手&料理好き(最近は引退気味だが)な母に感謝・感謝。

調理ってもっとものすごく複雑で頭使うものだと思ってたんだけど、基本的にはナマ・焼く・煮る・炒める・揚げる、くらいしかなくて、味付けもおおまかには和洋中なんだよね。(や、もっといっぱいあるだろうけど基本的には)
たくさんある選択肢の中から選ぶのが大変、ってんじゃなくて、逆に、限られた調理方法を使って何ができるか、っていう大変さなんだなーって思った。

つまり、献立よ。

献立考えるときってさ、

・前後の食事との栄養面のバランス
・ここ最近の食事との栄養面のバランス
・前後の食事と食材や調理法が被ってないか
・冷蔵庫の中にある食材(賞味期限など)
・その日スーパーで安い食材
・そのとき調理にかけられる時間

とかとかとか。。。

なんか考えることいっぱいね…!!orz
これは自分の中にあらかじめ料理のバリエーションがないと結構つまづく!
幸いうちは前述のとおり母がいろんな物を食べさせてくれたので、つまづいてはいるけどなんとか誤魔化し々々起き上がれてる感じ。
インターネットを開けばレシピは載ってるけど、何を食べたらいいかまでは載ってないからね。
小学校の時にあった一週間の献立表、あれの凄さが今頃わかった気がするょw

とりあえず、調理スピードが異様に遅いのでそれをなんとかしたい。
調理過程がわかってないと「あれをやってる間にこれをやる」っていう作業短縮ができない~。
いろんなもの何度も作ってみて覚えていきたいよー。

 
secret

trackback url
http://murasakingx8.blog90.fc2.com/tb.php/91-af383d5b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。